BLOG

ブログ

10t(トン)トラックの積載量!4tの場合は?過積載のペナルティを解説 | 関根エンタープライズグループ

|

2022.05.16

大型トラックに分類される10t(トン)トラックは、大型製品を取り扱う場合や、一度に多くの荷物を移動したい場合に重宝されます。

そんな10tトラックの積載量は、約10トンの荷物が積めるトラックと考えて問題ありませんが、厳密に言うとトラックの種類や装備などによって前後します。

この記事では、10tトラックの積載量の算出方法や考え方についてくわしく解説します。また中型トラックに分類される4tトラックの積載量や、「車両総重量」「最大積載量」といった関連用語についてもまとめました。

もし過積載となった場合、どんなペナルティがあるのか、よく確認して安全な走行を心掛けましょう。

10t(トン)トラックの場合の積載量の目安

そもそも「積載量」とは、トラックに積める荷物の重さを表しますが、その最大の重さを「最大積載量」と呼びます。そして公共の道路や橋に損傷を与えないよう、法律によってこの最大積載量を遵守することが定められています。

10tトラックの積載量は、車両の重さや最大積載量によっても前後しますが、10t以上積めることが多いと言えます。次に10tトラックの最大積載量の算出に際して、知っておきたい「車両重量」「車両総重量」について確認していきましょう。

  • 車両重量
    車両重量とは、荷台などの標準装備や、燃料・オイルなどを全量入れて、すぐに走行できる状態にした時の重さを表します。注意点としては車両重量には、乗員や荷物、スペアタイヤなどは含まれません。
  • 車両総重量
    車両総重量とは、車両重量に乗車定員と最大積載量の荷物を含めた重さを表しています。

なお、車両総重量の算出方法は下記の通りで、乗員の重さは一人当たり55kgとして計算します。

車両総重量=車両重量+乗車定員×55kg+最大積載量

車両総重量の算出方法

上記の式から最大積載量を出す場合は、下記の通りになります。

最大積載量=車両総重量-(車両重量-乗車定員×55kg)

最大積載量の算出方法

たとえば車両総重量25t、乗車定員1名の10tトラックの場合、

最大積載量=25t-(10t+1×0.055t)=14.94t

となり、最大で14tほどの荷物が積めることになります。

参考:社団法人全日本トラック協会(※外部サイトが開きます。)

2tトラックや4tトラックの積載量はどれくらい?

2tトラックや4tトラックの積載量はどれくらい?

小型トラックに分類される2tトラック、中型トラックに分類される4tトラックの積載量の目安について、それぞれ見ていきましょう。

中型トラック

別名4tトラックとも呼ばれることのある中型トラックは、コンビニ、スーパーなどへの配送で活躍しています。そんな中型トラックの最大積載量は4t程度が一つの目安となっていますが、必ずしも4t積めるわけではありません。たとえば、クレーンや冷却装置などの付加装備がある場合、その重量を引いた数値が積載可能な重量となります。

小型トラック

小型トラックは、2tトラックとも呼ばれることもありますが、その最大積載量は、2トン以下が一般的です。また中型トラックと同様に、付加装備がある場合、積載量は少なくなります。小型トラックは個人宅配や、狭小地の住宅街などの運送に適しています。

どのトラックが荷物を多く積める?

どのトラックが荷物を多く積める?

トラックには、クレーンを装備したトラッククレーンや、荷台が箱型になったバントラックなど、さまざまな種類がありますが、荷物を最も多く積めるのは、上記写真にある「平ボディ」になるでしょう。

平ボディは、箱車と言われるバントラックなどとくらべて車両重量が軽いため、その分多く荷物を積むことが可能です。また積み降ろしが容易にできるメリットもあるため、さまざまな方面で使用されています。

なお平ボディを含め、大型トラックのチャーターのご相談は、チャーター輸送サービスからお気軽にご相談ください。

過積載でのペナルティ

最大積載量を超えて走行した場合「過積載」となり法律違反となりますが、もし過積載のまま走行すると、どんなことが起きてしまうのでしょうか。たとえば、燃費の低下が生じランニングコストが上がってしまうことや、制御がとりづらくなり、重大事故につながってしまうことが考えられます。

そして過積載をしてしまうと、荷受先・運送会社・運転手それぞれに責任が伴います。下記は大型トラックで過積載をした場合の運転手に対するペナルティです。

超過割合違反点数罰金
5割以下2点3万円
5割以上7割未満3点4万円
10割以上6点
(30日間の免許停止)
6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金

過積載にならないよう、荷受け先への協力を呼びかけたり、ドライバーとの連携を保ったりするなど、注意を払うことが重要になります。

参考:警察庁「しない・させない・過積載」(※外部サイトの PDF ファイルが開きます。)

 

物流倉庫のアウトソースは関根エンタープライズへ

 

全国で総合物流サービスを提供する関根エンタープライズグループ

全国で総合物流サービスを提供する関根エンタープライズグループ

関根エンタープライズグループは、各サービスに専門特化した6社の会社で構成され、幹線輸送をはじめ、ユニック輸送・共同配送など、あらゆる輸送形態に対応する総合物流会社です。
埼玉と大阪に物流倉庫を有しているほか、全国各地に拠点を保有。
お客様満足度日本一を目指し、お客様のニーズにお応えできるサービスを提供しています。

配送だけでなく倉庫での保管や各現場での実作業など、お困りごとがありましたら、まずはお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください

仕事のお問い合わせはコチラ

TEL.0120-913-128

受付時間 月~土 9:00~18:00

求人応募はコチラ

TEL.048-969-1510

受付時間 月~土 9:00~18:00

Webからのお問い合わせはこちら

LINE@友達募集中