BLOG

ブログ

物流アウトソーシングとは?メリット・デメリット・業者の選び方を解説 | 関根エンタープライズグループ

|

2022.06.06

物流アウトソーシングとは?メリット・デメリット・業者の選び方を解説

物流アウトソーシングとは、自社で行っている物流の業務を外部に委託すること。
そもそも、物流の業務は、製品の輸送・検品・保管・出荷など多岐にわたるため、労力やコストを負担に感じている企業は多いのではないでしょうか。

そういった物流の業務をまるごと委託することで、人件費や維持費のコスト削減につながったり、販売活動に専念できたりします。しかし自社の状況を判断せずに、なんとなく委託してしまうと失敗してしまうケースも。

この記事では、物流アウトソーシングのメリット・デメリットに加え、自社に合った業者の選び方を解説します。
そして物流アウトソーシングを検討すべきなのか、その判断ポイントについてまとめました。

物流アウトソーシングとは?導入の目的は企業によってさまざま

物流とは、その名の通り「モノの流れ」を表し、その過程には輸送・検品・保管・出荷などがあります。
そしてアウトソーシング(outsourcing)とは、外部を意味する「out」、会社が部品や材料を調達する「source」を組み合わせた言葉です。

つまり物流アウトソーシングとは、「企業が行っている物流の業務を外部に委託する」ということを指しています。

物流アウトソーシングを行う目的は、物流に関わる人件費の削減や、物流の体制を整え販路を拡大するなど、企業によってさまざまです。

その他にも、人手不足や商品の保管スペースがないといった、企業の課題から物流アウトソーシングを導入する場合もあるでしょう。

こんな場合は物流アウトソーシンの検討を!

こんな場合は物流アウトソーシンの検討を!

では、物流アウトソーシングを検討すべき、企業の状況や課題には何があるのでしょうか。

下記の項目は一例になりますが、物流に関しての困りごとをそのままにせずに、アウトソーシングすることで、業務の効率化やコスト削減などが期待できるでしょう。

【物流に関する課題や困りごと】

  • 荷受けや梱包などの手作業が多い
  • モノを置くスペースが限られている
  • 在庫管理や発送業務などでミスが頻発している
  • 商品販売に力を入れたい

もし物流に関わる負担が社内でウエイトを占めている場合、そちらに人員や時間がとられてしまい、商品販売が疎かになってしまい、業績停滞を招く恐れも。

また在庫管理や発送業務などでミスが頻発している場合は、その対応に追われるだけではなく、取引先や消費者から信頼を低下させてしまうこともあるでしょう。

物流アウトソーシングでできる4つのこと

物流アウトソーシングでできる4つのこと

ここでは、物流アウトソーシングでは、どんな業務を委託できるのか紹介しています。

1.輸送

輸送とは多くのモノを移動させることで、例えばAのメーカー工場からBの配送センターに運ぶ際に、輸送という言葉を使用します。

もし自社で輸送している場合は、人員やトラックの確保・メンテナンスが必要になることに加え、一度に運べる製品の数量が限られてしまうこともあるでしょう。

そこで輸送を物流の専門業者に委託すれば、物流に関わるコストが削減できるだけではなく、プロによって最適な輸送手段で運んでもらえるという利点も生まれます。

2.荷役

荷役(にえき)とは、倉庫や物流センターなどで行う荷物の積み下ろしや、入出庫、ピッキングといった業務を表す言葉です。そして入庫作業と一口に言っても、検品・置き場所の選定・運搬・伝票整理など、すべきことは多くあります。

もし荷役で、数量間違いやキズ・破損などが発生してしまうと、自社における損失だけではなく、取引先の信頼をなくしてしまうことにもなりかねません。
また荷物の積み下ろしでは、重大な事故につながらないよう、安全を第一に作業する必要があります。

そうした中で、荷役に関わる業務を物流アウトソーシングすれば、煩雑な業務が不要になり、他のセクションの業務に専念できるでしょう。

3.保管

保管とは、倉庫や物流センターなどで製品を保管・管理しておくこと。自社で倉庫を所有し、製品を保管する場合、倉庫の維持費や管理に関わる人件費などがかかります。

そこで保管に関わる業務を外部に委託すれば、倉庫の維持に関わる費用が大きく削減できるでしょう。
物流業者の中には、常温での保管のみ対応している場合や、冷蔵での保管も対応している場合があるため、事前によく確認しておくと安心です。

4.加工

加工とは、出荷時に商品に施す作業を指し、その業務には製品の梱包・値札付・袋詰めなどがあります。

加工を行うことで、商品の付加価値を高め、他社商品との差別化が可能になりますが、全てを自社で行うと、加工に関わる人員の配置や、作業スペースの確保、緩衝材などの保管が必要になります。

物流業者の中には、企業の希望に沿った、きめ細やかな加工サービスを実施しているところもあるので、どんな加工が委託できるのか、詳しく聞いてみることが大切です。

物流アウトソーシングのメリット

物流アウトソーシングのメリット

ここでは、物流アウトソーシングを導入するメリットについて詳しく見ていきましょう。

物流以外の業務に専念できる

物流アウトソーシングを行うと、物流に割いていた時間や労力が大きく削減できます。

例えば、検品や棚卸し作業などの在庫管理では、複数の人数で作業することが多くなりますが、その時間がなくなれば、本来の業務に専念できたり、販売促進といった事業拡大の時間に当てたりすることも可能です。

そして物流の業務を全て委託すれば、物流に関わるスタッフを抱える必要がなくなり、人員配置も柔軟にできるでしょう。

物流の品質が保てる

物流に関してノウハウがない中で進めていると、時間を要するだけではなく、ミスやトラブルが発生してしまい、最悪の場合には、取引先から信頼をなくしてしまうこともあります。

そこで物流を専門としている業者に委託すれば、スムーズかつ適切に物流の業務が実施されるため、物流の品質が保てます。

コストが削減できる

物流アウトソーシングを行うと、物流の業務に関わる人件費に加え、商品を運ぶトラックの燃料代や、倉庫のレンタル費用などのコストが削減できます。

また繁忙期や閑散期などに、物流量の変化があっても、人員を調整したり、新たに確保したりする必要もなくなります。物流アウトソーシングでは、委託費用はかかりますが、相対的にみるとさまざまなコストの削減ができるでしょう。

物流アウトソーシングのデメリット

メリットが多い物流アウトソーシングですが、デメリットについてもきちんと把握しておきましょう。

物流のノウハウが蓄積しない

物流の業務には、輸送・荷役・加工といった多くの過程がありますが、それらを外部に依頼してしまうと、自社に物流のノウハウが蓄積されません。

そして物流アウトソーシングを行うと、基本的に継続することになり、もし委託先の業者との取引が終了してしまうと、自社での対応ができず、他の委託先を探すことになります。

トラブル時の対応が曖昧になりやすい

物流に関しては「届いた荷物が破損していた」「注文していない商品が届いた」など、さまざまなトラブルが発生します。

そんな中で電話応対や返品処理など、どこまで業者が対応するのか、事前に確認しておかないと、トラブル時に右往左往することになりかねません。業者によっては、荷物の破損に対応する保険に入っている場合もあるので、あらかじめ確認しておくと安心です。

業者選びが難しい

物流を専門とする業者には、輸送をメインにしている業者や、荷役・保管・加工など一環して請け負っている業者があり、その事業内容は多種多様です。

自社に適していない業者を選んでしまうと、よけいにコストがかかってしまったり、物流の品質を低下させてしまうこともあるでしょう。

物流アウトソーシングの業者選びでは、自社の方向性や課題にマッチしているか、しっかりと見極める必要があり、契約をした後に「何だか違う・・・」とならないように、慎重に選ばなければいけません。

物流アウトソーシングで業者を選ぶポイント

物流アウトソーシングを成功させるためには、自社に合った業者を選ぶことが大切です。ここでは業者を選ぶ際のポイントについてまとめました。

自社の課題がクリアできるか

物流アウトソーシングの業者選びに、自社の課題を解決する業者を選ぶことがポイントです。例えば、物流に関わるコストを削減したいのか、物流サービスの品質を高めたいかによっても、業者選びは異なります。

まずは自社の課題を棚卸しして、物流に関わる業務の一部を委託するのか、全てを委託するのか決めることも大切です。

サポート体制はあるのか

物流の業務の他に、導入後のサポートが充実しているかについても確認しておきましょう。物流の業務は一度きりではなく、継続して行うものですが、事業の方針などによっても委託する内容が変わる場合もあります。

そういった際に、気軽に相談できるのか、柔軟に対応してもらえるのか、サポート体制について確認しておくと安心です。

 

物流倉庫のアウトソースは関根エンタープライズへ

 

倉庫保管〜流通加工・輸送までお任せ!関根エンタープライズグループ

全国で総合物流サービスを提供する関根エンタープライズグループ

関根エンタープライズグループは、各サービスに専門特化した6社の会社で構成され、幹線輸送をはじめ、ユニック輸送・共同配送など、あらゆる輸送形態に対応する総合物流会社です。

埼玉と大阪に物流倉庫を有しているほか、全国各地に拠点を保有。
そして保管・流通加工から輸配送まですべて一貫して「ワンストップ」で物流サービスを提供しています。

輸送や倉庫での保管など、お困りごとがありましたら、まずはお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください

仕事のお問い合わせはコチラ

TEL.0120-913-128

受付時間 月~土 9:00~18:00

求人応募はコチラ

TEL.048-969-1510

受付時間 月~土 9:00~18:00

Webからのお問い合わせはこちら

LINE@友達募集中